九谷焼カップ ~四季の冨士~
new
5e4a3e3acf327f04b8dd5f57 5e4a3e3acf327f04b8dd5f57 5e4a3e3acf327f04b8dd5f57 5e4a3e3acf327f04b8dd5f57 5e4a3e3acf327f04b8dd5f57 5e4a3e3acf327f04b8dd5f57 5e4a3e3acf327f04b8dd5f57 5e4a3e3acf327f04b8dd5f57 5e4a3e3acf327f04b8dd5f57 5e4a3e3acf327f04b8dd5f57

九谷焼カップ ~四季の冨士~

¥5,500 税込

送料についてはこちら

  • 夜明けの冨士(春)

    残り1点

  • 夜明けの冨士(冬)

    残り1点

  • 朝焼けの冨士(黄)

    残り1点

  • 朝焼けの冨士(赤)

    残り1点

  • 夕焼けの冨士(春秋)

    残り1点

  • 夕焼けの冨士(冬)

    残り1点

「霊峰富士山」の朝焼けから夕焼け、表情豊かな四季の移ろいを表現した、色彩豊かな九谷焼のカップです。 登山が好きな作家が静岡県清水区吉原から望む、雲海の中の富士山をイメージし作陶しました。移ろう色のグラデーションを愛でながらご使用ください。 ■高さ 約10.5cm ■径  約9cm ※こちらの商品は、工房に在庫があるものは取寄せ後、発送できます。 在庫がない場合は「受注生産」となりますので、発送まで2ヶ月前後お時間をいただくことがございます。 納期については事前にお問い合わせください。 ■九谷焼伝統工芸士 谷口 亘氏 九谷焼の原材料に用いる「花坂陶石」の産地、小松市花坂町の九谷焼陶土に纏わる家系に生まれ、40年以上にわたって九谷焼を制作しています。 「今までにない九谷焼を」と作陶から絵付けまで一人でこなし、ロクロ成形で本来もつ形の美にこだわり、作品に命を与えています。 ・九谷伝統工芸士 ・全国伝統工芸品公募展 入選歴あり ■花坂陶石山とは 花坂は知る人ぞ知る九谷焼の原点の地であり、日本有数の陶石山です。一般的には南加賀でつくられる色絵磁器を「九谷焼」と呼んでいるが、専門家の中には「花坂の原石を使わないと九谷焼ではない。真の九谷焼とは、ここの陶石を使って、九谷の絵の具や方法で絵付けをし、九谷の窯で焼いたものなのだ」という意見もあります。山から採られた岩を砕き、粘土質を混ぜて杯土をつくり、成形、本焼き、絵付けへと進められて九谷焼が出来上がります。