のとひばこ〈和〉
5e37d940c78a533c543cff06 5e37d940c78a533c543cff06 5e37d940c78a533c543cff06 5e37d940c78a533c543cff06 5e37d940c78a533c543cff06 5e37d940c78a533c543cff06

のとひばこ〈和〉

¥2,970 税込

送料についてはこちら

  • ①金沢城

  • ②兼六園

  • ③鼓門

  • ④東茶屋街

  • ⑤尾山神社

石川県産材「能登ヒバ」はヒノキチオールを非常に多く含み、独特の清涼感あふれる香りを楽しめます。 「のとひばこ」は和を感じる、切り絵風の立体アートです。 幅広い年齢層の方に楽しんでいただけるよう工夫した、組み立てキットです。 木の手ざわり、香り、ぬくもりをお楽しみください。 ・サイズ:幅14mm×高さ120mm×奥行4mm ・枠:無し ・層数:3層 ・スペーサー:櫛形アクリル ・背面:櫛形アクリル固定 ①金沢城 石川門 石川門は金沢城の東に位置する重要文化財です。 宝暦9年の大火によって全焼しましたが、11代藩主治脩の代に再建、その後修理等を重ね現在の姿になりました。 美しい「なまこ壁」や様々な時代の石垣。 百万石の風格を漂わせる堂々たる構えと、夜のライトを浴びた幻想的な姿が印象的です。 ②兼六園 百万石前田家の庭園として造られた兼六園は、水戸の偕楽園、岡山の後楽園とともに、日本三名園の一つに挙げられます。 「兼六園」の名は宋代の詩人・李格非が書いた「洛陽名園記」に由来し、宏大・幽邃(ゆうすい)・人力・蒼古・水泉・眺望の六つを兼ね備える名園として命名されたと伝えられています。 冬の風物詩・雪吊りや梅苑の紅梅白梅など四季折々の自然と、代々の藩主たちによる絶え間ない築庭の妙が織りなす景観は、屈指の美しさと雄大さを生み出しています。 ③鼓門 金沢の玄関口である金沢駅。 金沢を訪れる人に差し出す雨傘をイメージし、おもてなしの心を表わしたガラスのドーム「もてなしドーム」と、その正面に構える伝統芸能に使われる鼓をイメージした「鼓門」があります。 ④東茶屋街 東茶屋街は江戸時代に造られた茶屋様式の町屋群です。 木虫籠(きむすこ)と呼ばれる独特の極めて細かな格子が特徴です。 平成13年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定され、「街並みの文化財」として保存策が進められています。 ⑤尾山神社 明治6年に創建された加賀藩祖前田利家公と正室のお松の方を祀る神社。 明治8年に建てられた神門は、和漢洋折衷の3層式で、3層目にはギヤマンがはめ込まれている。 明治初期に建てられた数少ない擬洋風建築遺構の1つで、現在は国の重要文化財に指定。 境内には琴や琵琶などを模した橋や島を配した庭園や、金沢城二ノ丸の門であった東神門もある。